トップ 一覧 検索 login

SFセミナー2017 企画紹介

本会企画 

ゲーム・場所・コミュニケーション〜宮内悠介インタビュー

出演者:宮内悠介
聞き手:鈴木 力

 2016年の日本SFは「宮内悠介の年」だったと言っても過言ではないでしょう。4冊の単行本が出版され、そのうちミステリの『月と太陽の盤』を除く『スペース金融道』『彼女がエスパーだったころ』『アメリカ最後の実験』が『SFが読みたい!』でそれぞれ2位、7位、13位にランクイン。さらに年末には惜しくも受賞は逃したものの「カブールの園」が芥川賞の候補になりました。ジャンルを超えていま最も注目される小説家・宮内悠介氏の作品世界に迫ります。(文責・鈴木力)

●宮内悠介(みやうち ゆうすけ)
 1979年生まれ。2010年「盤上の夜」が第1回創元SF短編賞の最終候補作となり山田正紀賞を受賞しデビュー。同作品を表題作とする連作短編集で第33回日本SF大賞を受賞。2013年発表の『ヨハネスブルグの天使たち』で第34回日本SF大賞特別賞を受賞。また2013年には第6回「(池田晶子記念)わたくし、つまりNobody賞」を受賞。『彼女がエスパーだったころ』で第38回吉川英治文学新人賞を受賞。

●鈴木力(すずき ちから)
 1971年生まれ。SFセミナースタッフ。ライターとして『SFマガジン』などに執筆。

シミズ・ドリーム 海洋未来都市プロジェクト

出演者:清水建設株式会社 海洋未来都市プロジェクト関係者(詳細調整中)

 海底都市、月面基地、スペース・コロニー、SFは古くから、人類の新たなフロンティアをロマンチックに描いてきました。私たちは現在、百年前の人が夢に見た21世紀に生きています。しかしながら、私たちが、10年後50年後100年後を思い浮かべたときに、過去の未来視のように、きらびやかでポジティブな未来を思い描けているでしょうか。もちろん、遺伝子治療、再生医療などの医療技術の進歩、AIの進化、環境負荷の低減など、科学技術は確実に前に進み、私たちはその恩恵を受けています。それでも政情不安、国家間の緊張、人種間の偏見、子供の貧困、ニュースをそのまま見ていると、明るいビジョンを持ちにくい人も少なくないのではないでしょうか。
 この度、清水建設で実際に研究されている、海洋未来都市プロジェクトに携わっている現役の研究者、調査員の方々に、海洋都市構想の最先端について講演していただくことになりました。現在の技術でなにができるか。なにができないか。その実際のところに迫っていきます。本講演を聞いた後、あなたの未来観に変化があることを願って。(文責・タカアキラ)

●海上未来都市構想 GREEN FLOAT
http://www.shimz.co.jp/theme/dream/greenfloat.html

●深海未来都市構想 OCEAN SPIRAL
http://www.shimz.co.jp/theme/dream/oceanspiral.html

クラーク生誕100周年 記念パネル(仮)

出演者:大野万紀 中村融 山本弘 牧眞司

 SFのみならず文学、科学界にも足跡を残したアーサー・C・クラーク。生誕100年のこの年に、とことん語ります。評論家として鋭い視点できりこむ大野万紀氏、SF翻訳家としてクラークをはじめ多くの作品の翻訳・紹介に携わっている中村融氏、本格SF作家として精力的に作品を発表している山本弘氏、司会に牧眞司氏を招いての、俺が好きな作家を俺が好きな方々に語っていただくパネル。乞うご期待。(文責・のだれいこ)

●大野万紀(おおの まき)
 1953年生まれ、SF評論家、書評家、翻訳家。『SFマガジン』などで活躍。訳書にジョン・ヴァーリイ『逆行の夏 ジョン・ヴァーリイ傑作選』など。

●中村融(なかむら とおる)
 1960年生まれ、SF翻訳家、研究者、アンソロジスト。訳書にアーサー・C・クラーク『宇宙への序曲
新訳版』、グレッグ・イーガン『アロウズ・オブ・タイム』(山岸真と共訳)。

●山本弘(やまもと ひろし )
 1956年生まれ、SF作家。代表作『神は沈黙せず』『アイの物語』『詩羽のいる街』『MM9』『BISビブリオバトル部』、最新作は『僕の光輝く世界』。

●牧眞司(まき しんじ)
 1959年生まれ。SF研究家・文芸評論家。著書に『世界文学ワンダーランド』、『JUST IN
SF』ほか、訳書にマイク・アシュリー『SF雑誌の歴史』、編書に『ルーティーン
篠田節子SF短篇ベスト』、『柴野拓美SF評論集』。『SFマガジン』にて翻訳文学評を担当。

辻真先インタビュー

出演者:辻真先
聞き手:日下三蔵

 NHKテレビ『ふしぎな少年』の演出や『鉄腕アトム』『サザエさん』の脚本をはじめとして、テレビ・SF草創期から数々のアニメ・特撮の脚本家として現在に至るまで活躍され、ミステリ作家・SF作家としても高い評価を得ている辻真先氏。そのご活躍の歴史と今注目している作家・作品などを日下三蔵氏が聞き出します。(文責・立花眞奈美)

●辻真先(つじ まさき)
 1932年生まれ、愛知県出身。日本のアニメ、特撮脚本家、推理冒険小説作家、漫画原作者。子どもの頃からマンガ映画好き、NHKで演出を担当していた。虫プロ時代に多くのアニメ作品に参加。SF作家との交流もあり、旧『宝石』で作家デビュー。日本推理作家協会賞を『アリスの国の殺人』で受賞。

●日下三蔵(くさか さんぞう)
 1968年生まれ。ミステリ・SF評論家、フリー編集者、アニソン研究家。主な著書に『日本SF全集・総解説』、編著に『年刊日本SF傑作選』(大森望と共編)『筒井康隆コレクション』など。

タイムテーブル

プログラムの順番は調整中です。

合宿企画

合宿企画内容については、現在調整中です。しばらくお待ち下さい。